12月1日(土)、白門囲碁大会が日本棋院青森支部道場にて行われました。青森市内は朝から雪の一日となりましたが、6名の学員が参加して熱戦を繰り広げました。

主催者事務局の丸山巧先輩には、会場準備から参加賞の準備、運営まで全てを担っていただき本当に感謝申し上げます。今後はさらなる参加者増を目指し、微力ながら私も努力いたします。

13大学OB会親睦ゴルフコンペ

9月22日(土)、恒例の大学OB会親睦ゴルフコンペが青森カントリー倶楽部で行われました。今回から芝浦工業大学が加わり、13大学となりました。参加選手総数は50名とやや寂しい状況ではありましたが、各校とも暑い戦いを繰り広げました。中央大学は今回参加者5名と少数精鋭で臨みましたが、専修、日大に次いで3位という結果でした。来年はもっと参加者を増やし、盛大に開催されることを約し散会となりました。来年の日程は10月19日と決定しました。

平成30年度中央大学学員会青森県支部総会

9月7日(金)平成30年度中央大学学員会青森県支部総会が、ホテルクラウンパレス青森にて開催されました。約60名の学員が集い、平成29年度事業報告、収支決算報告、平成30年度事業計画及び予算案が可決されました。今回は学員会本部より大木田守副会長が来青され、最近の大学に関する情報をご提供いただきました。

加えて役員改選があり、葛西勝尚支部長が勇退され、後任には今年3月に県庁を退職された葛西崇氏が就任されました。余興は今年も職域対抗クイズ大会を行い、県庁代表と交流会代表のプレーオフオフとなり、最後は県庁が交流会を振り切り優勝となりました。

締めは市役所白門会の堤氏による校歌斉唱を行い、今年もにぎやかに総会を閉じることができました。来年はさらなる参加者増を目指し、趣向を凝らしたいと考えています。

役員親睦新年会

 

平成30年1月19日恒例の役員親睦新年会が本町「粋楽」にて開催されました。当日は仕事始めからまだ2週間ほどということで、各種団体の新年会も開催されており、他団体での役目を担っている役員も多く例年に比較して、やや少ない参加者となりました。しかし乾杯ののち杯を交わしてしまえば本学の最近の動向や箱根駅伝など、話題は尽きることなく宴は盛り上がり、瞬く間に散会の時刻を迎えました。来年は開催日を考慮して、もっと多くの役員の皆様を迎えて美酒に酔いたいと思います。

12大学OB親睦ゴルフコンペ

9月23日秋分の日、秋晴れの下、恒例の12大学OB親睦ゴルフコンペが青森カントリー倶楽部にて開催されました。今年は12大学中9大学、53名の参加とやや寂しい大会となりましたが、参加選手は母校の名誉を懸け奮闘されました。

我が中央は選りすぐりの精鋭9名を擁し、優勝を目指しましたが健闘むなしく第3位に甘んじる結果となりました。「他大学に比して平均年齢が高いのではないか」との声もあり、担当としては若返りを図るべく活動をしていく所存です。

団体戦は上位4名のスコア合計ですので、チームに迷惑をかけるのではという心配は無用です。初心者からシングルまで幅広い学員の皆様のご参加をお待ちしております。参加ご希望の方は事務局(017-734-1988)までご連絡下さい。来年は9月9日の開催と決定しております。

中央大学学員会青森県支部総会

9月15日平成29年度中央大学学員会青森県支部総会が行われました。弘前から10月22日投票が予定されている次期衆議院議員総選挙、新区割り青森3区自民党候補の木村次郎氏が参加され、兄の遺志を継いで国政選挙に挑む決意表明をされました。学員の皆様には新青森3区にお住いの親戚、友人の方々にお声がけをよろしくお願い致します。

その後は昨年に続き、職域対抗クイズ大会や酒を酌み交わしての懇親の場となり、学員相互の親睦を深めることができたものと思います。約70名の参加でしたが、来年はもっと多くの学員が集えるよう事務局も頑張ります。皆さまありがとうございました。

学員会青森県支部幹事会

平成29年9月1日(金)、平成29年度中央大学学員会青森県支部幹事会が、ホテルクラウンパレス青森で開催されました。9月15日開催の学員会県支部総会に向けたもので、平成28年度事業報告、収支決算、平成29年度事業計画(案)、収支予算案について審議を行いました。工藤正英弘前支部事務局長も遠路参加され、10月22日投票の衆議院議員補欠選挙、本県4区の木村次郎候補(法学部卒)の応援依頼をされ、参加学員みんなで応援することを確認しました。

28年度から開設・運用していますこのホームページについても質問がなされました。当ホームページは県支部のホームページですので、県内各支部の事業計画や活動報告を掲載することは大歓迎です。写真データや掲載文を送って頂ければ随時UPしていきます。

議事終了後は懇親会に移り、各々情報交換やら近況報告などで話に花が咲き、あっという間に散会の時刻となりました。15日の総会でまたお会いしましょう。

白門囲碁大会

6月10日(土)恒例の白門囲碁大会が、日本棋院青森支部道場にて行われました。午前中の雨模様も大会開始時刻の正午にはすっかり上がり、時折日が差す好天となりました。参加者は三浦純嗣五段、丸山巧三段、山崎力三段、良原泰庸一級、木下靖八級の5名でした。少人数の参加ながら盤上では激しい戦いと舌戦が繰り広げられ、優勝は山崎三段、準優勝は三浦五段となり、午後5時半に大会日程は終了となりました。今後の課題としては新会員の加入と、全く進歩が見られない木下靖八級の上達が挙げられます。このホームページをご覧の若手学員(若手かどうかは自己判断)の皆様、一生の趣味として囲碁は最高のゲームです。退職されてこれといった趣味もなく退屈されている学員の方も、どうぞお気軽に事務局(017-734-1988)までお問い合わせください。拘束は年2回の大会のみです。お待ちしています。

役員親睦新年会

IMG_0806IMG_0812IMG_0814IMG_0818

1月20日恒例の学員会県支部役員親睦新年会が、粋楽にて行われました。会長あいさつに続き、むつ市から久しぶりに駆け付けてくださいました石橋忠雄弁護士、初参加の岩崎進氏、工藤慎一郎氏などからも一言ご挨拶を頂きました。皆様時間いっぱい飲み、語り、同窓の親睦を深めることができたものと思います。

今冬は雪が少ないとは言え、やはり夜の寒さは厳しく道は凍結しており、皆さま無事に帰宅できたものとは思いますが、冬道にはお気を付けください。また来年も元気にお会いしましょう。