活動報告

活動報告

箱根駅伝応援記

残念ながら、今年も母校中央大学は総合12位に終わり、シード権獲得はならず、秋に行われる予選会からの本戦出場を目指すことになりました。

小生、学員会青森県支部を代表し、立川予選会には6年連続、本戦には7回、応援のため上京しています。ここ数年、箱根駅伝人気のため、伝統校のみならず新興勢力を含めた他大学も駅伝強化を図っており、予選会は熾烈を極めています。本戦出場権を手にする10位以内の発表はハラハラドキドキものです。今回惜しくも11位で本戦出場を逃した麗澤大学と本学とは、26秒という僅差の勝負でした。

本戦応援には、元日の夜行バスで青森を発ち、2日朝6時50分東京駅到着。大手町の母校応援場所で校歌・応援歌を歌い、その後、東海道線で追っかけ応援をしています。「中央大学青森県支部」の旗を掲げて応援してることから、学校関係者や沿道ではOBや青森県出身者に声をかけられます。これからもシード権復活だけでなく、「総合優勝」まで応援し続けます。

副幹事長 みちのく銀行白門会 鶴岡真治

令和2年役員親睦新年会

令和2年1月31日、恒例の学員会青森県支部役員親睦新年会が粋楽にて行われました。当日は、葛西崇支部長が商工会議所会頭代理としての出張が入り、欠席となりましたがその他はいつもの元気な面々が揃いました。今回も鶴岡真治氏から箱根駅伝予選会及び本戦の観戦報告がありました。これについては別途このHPにてお知らせします。今年の青森は歴史的な暖冬小雪で2月初めで積雪0は異様な光景です。あと1カ月で弥生を迎えますが、大きな災害などなきよう祈念します。

13大学OB対抗ゴルフコンペ

10月19日毎年恒例の13大学OB対抗ゴルフコンペが開催されました。当日は台風19号の影響もあり雨の中のプレーとなりました。参加校は13大学中11校のみ、さらに団体戦参加資格の4名に満たない大学が3校あり、実質的には8校での戦いとなりました。さて肝心のプレーですが、雨の勢いが増すことが予想されたために、午前中のみで中止が決定され、ハーフの成績での優勝決定となりました。

さて優勝の行方は?チーム内の上位4人によるネットスコアの合計150.0で見事わが中央大学の優勝となりました。飛び賞、アトラクションなどもたくさん獲得し、そして優勝校の特権であるステージ上での校歌斉唱となり、学員一同大いに気勢を上げました。ただ参加選手が減少傾向にあり、来年以降のメンバー発掘が課題です。

学員の皆様にはお気軽に参加いただければ幸いです。

令和元年度学員会青森県支部総会

9月20日(金)、令和元年度中央大学学員会青森県支部総会が開催されました。今回は大学の大村雅彦理事長、大木田守学員会副会長、青山祐治青森県副知事にご臨席を賜りました。

総会では平成30年度事業、収支決算および令和元年度事業計画(案)、収支予算(案)すべて承認され、新年度の事業が始まりました。中央大学は今後、都心回帰の流れもあり、大学として変革の時を迎えます。それは少子化が進む中、中央大学に限らず日本中の国公私立、都心・地方を問わず迫られている課題です。母校がこれからも日本の大学における確固たる役割を果たせるよう、我々OBも何ができるのかを常に考えていきたいと思います。

 

令和元年度 中央大学学員会青森県支部幹事会

8月23日(金)、令和元年度中央大学学員会青森県支部幹事会が、ホテルクラウンパレス青森にて開催されました。9月20日開催予定の総会に備えて、平成30年度事業報告・収支決算、令和元年度事業計画(案)・収支予算(案)が審議され、全て異議なく承認されました。

その後懇親会に移り、母校の近況や学員情報、総会での企画について話に花が咲き、気がつけば予定の時間を過ぎているという楽しいひと時でした。このホームページは県支部のホームページですので、県内各支部の活動も積極的に掲載していきたいと考えております。写真・原稿をどしどしお送りください。

12月1日(土)、白門囲碁大会が日本棋院青森支部道場にて行われました。青森市内は朝から雪の一日となりましたが、6名の学員が参加して熱戦を繰り広げました。

主催者事務局の丸山巧先輩には、会場準備から参加賞の準備、運営まで全てを担っていただき本当に感謝申し上げます。今後はさらなる参加者増を目指し、微力ながら私も努力いたします。

13大学OB会親睦ゴルフコンペ

9月22日(土)、恒例の大学OB会親睦ゴルフコンペが青森カントリー倶楽部で行われました。今回から芝浦工業大学が加わり、13大学となりました。参加選手総数は50名とやや寂しい状況ではありましたが、各校とも暑い戦いを繰り広げました。中央大学は今回参加者5名と少数精鋭で臨みましたが、専修、日大に次いで3位という結果でした。来年はもっと参加者を増やし、盛大に開催されることを約し散会となりました。来年の日程は10月19日と決定しました。

平成30年度中央大学学員会青森県支部総会

9月7日(金)平成30年度中央大学学員会青森県支部総会が、ホテルクラウンパレス青森にて開催されました。約60名の学員が集い、平成29年度事業報告、収支決算報告、平成30年度事業計画及び予算案が可決されました。今回は学員会本部より大木田守副会長が来青され、最近の大学に関する情報をご提供いただきました。

加えて役員改選があり、葛西勝尚支部長が勇退され、後任には今年3月に県庁を退職された葛西崇氏が就任されました。余興は今年も職域対抗クイズ大会を行い、県庁代表と交流会代表のプレーオフオフとなり、最後は県庁が交流会を振り切り優勝となりました。

締めは市役所白門会の堤氏による校歌斉唱を行い、今年もにぎやかに総会を閉じることができました。来年はさらなる参加者増を目指し、趣向を凝らしたいと考えています。

平成30年度学員会県支部幹事会をUPしました。
役員親睦新年会

 

平成30年1月19日恒例の役員親睦新年会が本町「粋楽」にて開催されました。当日は仕事始めからまだ2週間ほどということで、各種団体の新年会も開催されており、他団体での役目を担っている役員も多く例年に比較して、やや少ない参加者となりました。しかし乾杯ののち杯を交わしてしまえば本学の最近の動向や箱根駅伝など、話題は尽きることなく宴は盛り上がり、瞬く間に散会の時刻を迎えました。来年は開催日を考慮して、もっと多くの役員の皆様を迎えて美酒に酔いたいと思います。